新着記事
2022/10/29
メール配信不具合の対処について
学校からのメールが届かない方は、ご登録のメールアドレスへの配信が、自動的に停止されている場合があります。これは、お手元の端末が受信しないことが3回続くと、以降の配信を停止する当該システムの機能によるものです。その場合の主な原因と対処法は次の3点ですので、ご確認と対応をお願いします。<原因1> info@m.aw-ansin.net を迷惑メールとして受信拒否している。→ 迷惑メール設定、受信拒否設定を確認してください。<原因2> ご登録時のメールアドレス入力が間違っていた。→ 再度ご登録をお願いします。または、 別のメールアドレスをご登録ください。<原因3> 端末の受信トレイの容量が超過している。→ ご用済みのメールを削除し、容量を空けてください。ほかにも、お子様の該当学年を登録されていない場合は、その学年宛のメールは配信されません。ログインして、メニューからお子様の該当学年が設定されているかをお確かめください。なお、メールの配信記録は次のURLにアクセスしてログインして、メニューから「メール受信履歴」でご覧になれます。https://www.aw-ansin.net/8005/mailmaga/history/また、今年度に配信したお知らせ等は下のサイトに掲載しています。https://sites.google.com/gs.edu.city.sumoto.hyogo.jp/oonoes/info
お知らせ
2024/2/13
5年生 翻訳レッスン
大野地区にお住まいの近江美佐先生は『世紀の名作はこうしてつくられた』『沿岸と20 万年の人類史』『クリスマス・キャロル』等の翻訳家で、2016年に淡路文化協会文化奨励賞を受賞されている方です。現在は翻訳のお仕事だけでなく、オンラインで翻訳家を志す人への指導もなさっているそうです。今日はお仕事のある中、5年生のために「翻訳レッスン」の指導にお越しくださいました。まずは、翻訳のお仕事について説明。一冊の本を翻訳するにはなんと1年4ヶ月もかかると聞き、みんなびっくり。4つのステップを教えてもらい、まずは「I’m tired.」を例にみんなで翻訳のお試し。「決まった正解はないんですよ」と、話し手の仕事や年齢、時間帯によっても色んな表現の方法が考えられることに気づきました。次はキャラクターやシチュエーションに合う言い方の翻訳にチャレンジ。その人物になりきって自分の翻訳を発表。どれもキャラクターの違いが表れていて、近江先生も「おもしろいなぁ」「(人物の)雰囲気が伝わってくるねぇ」って。想像力や工夫をいっぱい共有して、ますますみんなの想像力や表現力に磨きをかける機会になりました。最後に、「学校での学びをしっかりやって基礎を固めたうえで、僕なら、私ならという工夫を凝らすことが大切です」と日頃の学習の重要性もお話しくださいました。毎年ご協力をいただく楽しい「翻訳レッスン」ですが、今年は先生に「とても楽しかった」と仰っていただけるほど、5年生のみんなの学習活動は活発でした。ますます子どもたちの「自ら考える」力を伸ばすため、大野小の地域人材、教育資源に恵まれた環境を効果的に活用していきたいと思います。
5年(R1入学) 学校だより
お知らせ