新着記事
2023/2/7
230207 令和5年度沼島中学校入学説明会 など
230207 令和5年度沼島中学校入学説明会 など5名の新入生が図書室にオンラインでは3名が参加しました ◆令和5年度沼島中学校入学説明会 早くも、次年度の新入生を迎える時期を迎えようとしています。入学説明会に参加した児童は、沼島地区2名、特認区6名の計8名(男子6名女子2名)です。沼島中学校として79年目、小中一貫校沼島小中学校として4年目、そして、君たちが作ってきた伝統を大切に新しいものを想像していく沼島地区と特認区のハイブリッド沼島中学校は2年目の春を迎えます。今日も不安と期待を胸に説明会に臨んだ入学希望者のみなさんを温かく迎え、順調な中学生活をスタートさせるためには、先輩方のサポートが必要です。2年生は2回目の、1年生は初めての後輩を迎えます。自分がしてもらってうれしかった、助かったことは積極的に応援し、そして、自分が嫌だったことは決してしないと固く誓って新入生を迎えましょうね。  参加は積極的に楽しもうという態度が素晴らしい◆SC教育プログラム6校時に本校勤務のSC(スクールカウンセラー)岡野先生を講師にSC教育プログラムを実施しました。岡野先生には、個人的にお話を聴いてもらったり、相談した生徒もいるのではないでしょうか。今日は、いろいろなゲームを通して考えさせていただきました。私見として、見方、考え方、感じ方など人それぞれで、それを受け入れる側もそれぞれで・・・時には折れ合うことも、ぶつかることのある、そして、違いを認めた上で、その中でいかに協調していくか、いかに認め合っていけるか、それでも無理なら、道を違えてもいいと思っています。正解がないのが心の問題、それを悩むのが心の成長だと思います。【生徒感想】○人によって見える価値観は違ってくるし、同じ人はいないと思う。それを自分がどう考えていくのかが大切だと思った。自分の考え方だけでいろいろと変わってくる。自分を見返してみよう(1年男子)○今まで考えていたことか全てではないんだなと思った。自分の考えが他人と違っていても、否定せず、こういう考え方もあるんだなと受け入れられる人になりたい(3年男子)○一つの考え方だけではなく、いろいろな考え方を持っていれば、一つの考え方が通用しないときでも他の考え方ができるようになると思った(3年男子)○「しあわせは いつも自分のこころがきめる」 相田みつを さんの言葉より「人は自分の見たいものだけを見ている」 なんて書いてあるの? ◆ちょっと、いい話・・・3年生はなかなか全員集合の日が少なくなってきました。昨日も、明日から入試に向けて出発する生徒がいました。その生徒が学校を離れたあと、残っていた○○さんが「あっ上履き忘れている」と心配し、担任に連絡が入りました。入試では、持ち物に「上履き」を入っているのが定番です。だから「あっ」と思ったのでしょう。たまたま、その生徒が受験する高校は上履きがいらなかったので良かったのですが、こういう気持ちがうれしいですね。どうしても、進路に向けて誰もが自分のことで精一杯になりがちです。残り少ない中学生生活で残り少ない沼中生10名の学校生活でこのようなちょっといい話、エピソードをいっぱいつくって巣立っていきたいですね。
行事風景
2023/2/6
230206特認区の生徒が灘地区の避難場所を確認!
灘地区の避難場所を確認!本日6校時終了後、特認区の生徒たちが有事の際の(地震による津波を想定)灘地区(淡路側の乗船場所)避難道と避難場所を確認しました。本日の確認のため、1月17日に本校職員が灘地区の避難道、避難場所の下見を行いました。いくつかの避難道を歩き、どのルートが安全か検討中実際に歩き、危険箇所などを確認しました第二次避難場所は海抜39.9mの高台にあります。15時50分便で生徒たちは灘に渡り土生港で下船したあと、実際に地震が起こり、津波が来ることを想定し、第一次避難所を目指し歩きました。急な坂道ですが、5分ほどで海抜約50mところに着くことができます。計画では、まずこの場所で津波から命を守ります。その後、3つの避難道のどのルートが最も安全か現場で判断しながら第二次避難場所へ移動するよう計画しています。生徒たちを3つのグループに分け、それぞれ与えられたルートを確認しながら、実際に第二次避難所まで歩きました。再度、職員も一緒に歩き危険箇所を確認しました。各グループにタブレットを持たせ、学校とZOOMで繋ぎ、定時の報告を入れるようにしました。沼島での避難訓練時もタブレットを使用しているので、生徒たちも慣れてきました。有事の際もこのような安全確認を行います。ここが第一次避難所避難道の様子避難中、中学生が小学生と手を繋いる2次避難所に到着・安否確認職員室でグループからの報告を受ける有事に向け、あらゆることを想定しながら防災計画をしています。しかし、実際に地震が起き、想定外のことがあるかもしれません。学校でも生徒たちに防災意識を持つよう指導しますが、是非ご家庭でも今一度防災についてお話ししていただきますようお願いします。
行事風景
2023/2/1
230201 読み合い活動
230201 読み合い活動(○○先生なら『読み愛活動』なんていいそうです) 今日は、鳴門教育大学より絵本専門士の森慶子先生を迎え、5校時に絵本の読み聞かせの授業を行っていただきました。本校では毎週金曜日の朝の時間に小中学校の先生が順に読み手を交代しながら各教室で絵本の読み聞かせを行っています。児童生徒集会では、中学生が小学生に、小学生が中学生に読み聞かせをするなど絵本の読み聞かせも見慣れた光景となってきました。本日、先生に絵本を読んでいただいた絵本は、考えさせられる内容のもの、上下逆転してストーリーが進んでいく絵本と先生のお話にみんな引き込まれて聞いていました。その後は、「読み合い活動」です。ペアになり、それぞれの本を相手に読み聞かせます。さすが表現力の豊かな沼島中生。どのペアも、場面に合わせて、声を大きくしたり、抑揚をつけたり、間をとったり、表情も豊かにと楽しみながら活動できました。 さて、ここからは余談です。私自身はじめは「中学生に読み聞かせ?」とも思っていました。中学生の頃は既に読書好きだった私としては、もし、自分か中学生だったとしたら『自分の好きな本を読ませてよ』と思うだろうなと思っていました。そこで、中学校における読み聞かせの実践等を調べる中で、森慶子先生で検索したところwebページ「絵本専門士による絵本まるごと研究会」がヒットしました。そこでは「絵本の読み聞かせ効果を脳機能研究でアプローチ」されていました。森先生は、絵本専門士だけではなく、徳島大学医学部にも所属され、旦那様は脳機能を専門で研究されています。そのwebページの一文を紹介します。【前略・・・以前は、ただ何となく、絵本の読み聞かせを聞くと落ち着くとか、リラックスするとかの感覚的なものでしか表現できなかったものが、脳機能判定により科学的に効果を明らかに(※)することができました】※自分の成長による考え方の変化に気づき、成長した自分を客観視することにより、実際の自分の行動の変革、将来への展望などの意欲の高まりが生じる。※幼少期に気づかなかった部分に気づき、考えが深まるとともに多角的な視点が生じる※ストレスの軽減等中学生の心のケアに効果的である。不登校の予防にも効果が期待される。
行事風景
2023/1/24
230124 冬の嵐 来たる
冬の嵐 来たる!朝からのオンライン等授業も想定していましたが、予想に反して穏やかな朝でした。少し風はあるものの、凍てつく寒さでもなく、時には日差しもみえる24日の始まりでした。しかし、徐々に風も強まってきましたが何とか4校時を終え、給食。そして、午後、明日の対応について昼休みに緊急の職員会議をしているときのその報は入りました「13:20の便で今日の最終となるかもしれない。風もすごく吹いてきた!!」 冬の嵐 白波高く 沼島海とのこと。慌てて明日の連絡をして、特認区生は沼島汽船に向かいました。船が欠航し帰れない場合は、総合センターに宿泊する予定にはなっていますが、この寒さの中です。できることならば、自宅に帰るべしとの判断に、ご理解をお願いします。高い波も冬の海も知り尽くした沼島汽船の船員のみなさんに守られて通学しています。結局、15:50以降は欠航となりました。乗客のため安全第一で的確な判断をしてくれています。いつも、ありがとうございます。  明日も午前中は冬の嵐が残りそうです。途中、灘の道路の降雪、凍結も心配されることから特認区生は、2校時から授業となります。福良公民館または灘公民館と沼島中を結んだオンライン等授業、または、船が通常通り運行し沼島中学校での通常授業となるかは、明日の天候次第ですが、当然、安全第一で判断していきますのでご了承下さい。沼島校区生は通常登校になります。給食までには登校できそうなので、給食は、通常通り予定しています。
お知らせ
学校教育目標

施設併設型小中一貫教育校

南あわじ市立沼島小学校  南あわじ市立沼島中学校

1 教 育 理 念   笑顔あふれる学校~笑顔で全力 チーム沼島~

2 学校教育目標(小中一貫教育校) 

         ふるさとを愛し、未来の創り手となる、

                          心豊かな沼島っ子の育成

【めざす子どもの姿】

自ら学び、自ら考え、豊かに表現できる生徒        (確かな学力)

〇ふるさとを愛する心と思いやりの心を持つ生徒    (豊かな心)

〇たくましい心と身体を持ち、自らの生命を守る生徒 (健やかな体)

【めざす学校の姿】

心と心が響き合い、活力ある明るい学校

家庭・地域と連携し、共に歩む学校

安全・安心で家庭・地域から信頼される学校

【めざす教職員の姿】

〇プロとしての誇りと情熱をもって学び続ける教職員

〇離島・へき地に勤める使命感と、高い倫理観をもつ教職員

〇小中一貫教育を支え、協働し高め合う教職員

 

沼島中学校 令和4年度 学校経営の概要

〇校訓 『至誠実行』

〇教育指針 『継往開来』

  ~沼島中の良き伝統を引き継ぎ、発展させながら新生沼島中学校を創造する~

〇経営の基本方針

(1)小中一貫教育校としての9年間を見通した教育活動の推進

(2)将来を見通し、主体的に活動する生徒の育成

(3)ふるさと教育の推進とふるさと意識の醸成

(4)家庭・地域との連携強化

(5)心通い合い、働きがいのある職場づくり

〇本年度の重点目標

(1)主体的に学び、「確かな学力」を身につけた生徒の育成

①個別最適な学びと協働的な学びの推進(主体的・対話的で深い学びにつながる授業改善)

②読書活動の充実と読解力を育む言語活動の充実

③英語教育の充実

④ICT機器の効果的な活用による授業改善と情報活用能力の育成

⑤将来を見通したキャリア教育の推進

⑥特別支援教育の推進(個に応じた支援の充実)

⑦教職員の相互乗り入れの推進

(2)互いを思いやり、尊重し、命や人権を大切にする生徒の育成

⑧規則正しい生活習慣、あいさつの徹底

⑨深い学びをめざす道徳科の授業改善と道徳教育の充実

⑩人権教育基本方針に基づく人権教育の充実

⑪体験活動の充実(自立心、人や社会とつながる力、豊かな情操の育成)

⑫ふるさと学習の充実

⑬体力の向上、運動部活動ガイドラインに沿った部活動の充実

⑭防災教育の充実(主体的に命を守るとともに、人として生き方、あり方を考える防災教育)

⑮食育の充実

(3)家庭・地域との連携・協働

・開かれた学校づくりと保護者や地域の声を活かした学校運営

・教育活動の積極的な情報発信

・地域の教育力を活かした体験活動の充実と社会性・自立性の育成

・小学校、地域と連携した各種行事の推進

(4)教職員の資質・能力の向上

・小中一貫教育校として9年間を見通した教育実践

・ICT機器の活用と効果的な授業づくり

・離島・へき地の特性を生かした教育の推進

・特別支援教育の推進と教職員の専門性の向上

・教育公務員としてのコンプライアンス意識の徹底

・校務支援システムの有効活用と業務改善の推進、働きがいのある職場づくり