新着記事
2022/5/22
5月22日 体育会!
開会式ラジオ体操 リレー 3・4年生応援合戦 玉入れ MINATOタイフーン 1・2年生借り人競争 3・4年生息を合わせて 5・6年生綱引き5月22日(日)、体育会!です。 雨天が予想されたため、翌日の22日に延期となった体育会です。前日は、朝方に雨が降っていて、上空いっぱいに雨雲が広がっていたのですが、今日は朝から雲一つない快晴です。5月の澄み切った気持ちの良い天気で、湊っ子の体育会での躍動を祝福するかのような日和となりました。 行進の音楽から全体の動きが始まると、開会式、ラジオ体操を行い、その後は全校生が赤、青、黄、の3チームに分かれて競い合いました。どの種目でも、全員これまで取り組んできた練習の成果を発揮することができました。そして、練習を通して築き上げたチームワークをいかんなく発揮し、優勝目指して一致団結していました。 日差しがとても強く、久しぶりに夏の暑さを感じる中での体育会でした。湊っ子は、太陽の強い日差しを全身に浴びながら、精一杯元気に行動し、お互いに応援し合い、汗を流した後は、清々しい表情で満ちあふれていました。 保護者の皆様へ 本日はお忙しい中、湊小学校体育会をご観覧いただき、有り難うございました。コロナ感染対策として、三密を避ける措置をとっておりましたが、テントの不設置、イスの用意なし、人数制限の有無等において、当日の案内が不十分であったことにより、ご迷惑をおかけしました。深くお詫び申し上げます。今後とも、職員一同による教育活動の推進とともに、行事等の周知徹底に向けて取り組みますので、本校教育へのご理解ご協力よろしくお願い申し上げます。 
湊小だより
2022/5/10
3月8日 トンガ王国からお礼の手紙!
3月8日(火)、トンガ王国から義援金の礼状が届きました。 先日、南あわじ市の小中学校からトンガ王国に対し、1月に起きた海底火山噴火による被害を支援する義援金を送金しました。本日、その義援金に対する礼状が湊小学校に届いたので紹介します。以下原文Thursday,17th February 2022Minato Elementary SchoolMinami-Awaji CityHyogo Prefecture Dear students,I am writing to you today to convey our most heartfelt and humble gratitude for your kind and generous support with your donation of¥280,000. Your love and commitment as shown speaks volumes for our ever-strengthening bond between our people and contries- the very essence of kizuna.Your contribution to Tonga's recovery, replenishment, and rebuilding through resilience and respect(5Rs) has certainly assisted in our most essential needs at this early stage of relief in terms of clean water and good security, health, and shelter. These are the basic essentials needed and we are grateful for your helping hand in our time of need.On behalf of the Government and the People of the Kingdom of Tonga, may I thank you for your support at this time and we pray that Our Heavenly continues to bless you with good health, and prosperity in all respects.Dr. T.Suka.MangisiAmbassador Extraordinary and Plenipotentiary 日本語訳2022年2月17日木曜日兵庫県南あわじ市湊小学校児童のみなさんへ私が今皆さんに手紙を書いて書いているのは、28万円もの寄付とともに、みなさんの非常に親切で優しい支援に対し、私たちは心底から、そして謙虚なつもりで、皆さんへの感謝の気持ちを伝えるためです。みなさんから見せていただいた愛情と献身は、私たちの人々と国の間の力強い結束、「まさに絆」、を雄弁に物語っています。みなさんのトンガに対する貢献(5Rです)、つまり復活(Recovery)、補充(Replenishment)、レジリエンス(Resilience(回復力))や尊敬(Respect)による再建(Rebuilding)が、きれいな水、安全、健康、避難などの初期段階の救助において、私たちが最も欠かすことのできない必要物を、確かに支えてくれました。これらは、最も基本的に必要なものであり、私たちは、私たちが必要な時に皆さんが救いの手をさしのべてくれたことに感謝しています。トンガ王国とトンガの人々に代わり、この時点で皆さんの支援に感謝するとともに、皆さんが健康であることと、あらゆることにおいて成功することを祈り続けます。臨時全権大使 ドクター T・スカ・マンギシ
湊小だより
ログイン後、新着記事を閲覧できます。

学校教育目標 「自立 ーこころ豊かに、たくましくー」